読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだ(・ω・)ぐだ

ぐだぐだしたつれづれ

久々に。

今日、スゴイ人に出会った。研究者って、どーもオコチャマというか、見ていて、なんだかなぁ〜と思ってしまう(人のことは何とでも言える)けど、そして、そんなもんなんだと思っていたけど。久々に日本人にもこんな人がいたんだ〜と快心させて頂いた。ま、その人は厳密に言えば、研究者ではない。エンジニアなので、技術者、かな。
ハタチの時に、日本はもうダメだと思って、カナダに移住を決意。
高卒で大手企業に勤めていたんだけど、一念発起して、会社を辞めて、調理師免許を獲得後、寿司職人になり、カナダの永住権を獲得(当時、永住権を獲得するには床屋か、寿司屋か日本料理屋を開くしかなかったそうな)
ちょ待て。私、ハタチの時に何考えてたかなぁ〜。とにかく楽しく生きることしか考えてなかったような気がする。ダメだと思ってた大学に入れて浮かれてた真っ盛りだよな〜。。。あぁ〜今ならハタチの私に「もっと勉強しろっっ」と言いたいよ。
そして、寿司屋を本当にやっていたらしい!!すげえ。その後エンジニアになったみたいだけど。で、23年も過ごしたカナダから、また日本へ。妻子をあっちへ置いて、ロボット関係のベンチャーを興して、今に至る。
何はなくとも。すごいのは、とにかくポジティブ!話が面白い!なんとかなるさぁ〜って精神で全部乗り切って来たって言ってたけど、実際は色々あったんだろうなぁ。努力しないと結果は出て来ない。日本のことを中からグダグダ言ってもしょうがない、外から見て、それからグダグダ言おうと決心して、ハタチの時に実行しちゃうってのがな〜。だって、日本に居れば、とりあえずぬくぬく暮らせるじゃん。それを捨てるなんて相当の勇気というか、無茶というか。私のちっちゃさを見透かされたようだ。
久々に、人生って本当に一度しかないんだなということを思い知らされました。死ぬ時は、燃え尽きて死にたいなぁ。と。切実に。