読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだ(・ω・)ぐだ

ぐだぐだしたつれづれ

仕事をかんがえる。

今の私の立場は言わば「ゆうのうなひしょ」ってところでしょうか。(有能…かどうかはさておき)もう1ヶ月も実験やってないし!><泣きたい。はてなとかやってる場合か。
私たちってとても特殊で、ボスが獲ってきた研究費(競争的資金ってやつ)で直接雇用されてるんで、研究所にいるとは言え、組織のニンゲンという意識はよわい。だから、上司が嫌だと思っても「給料はこのひとが獲得してきた予算から出ている…→お金のためにがまん…」となってしまう。これが会社なら「会社」というものに雇われているのであって、「個人」に雇われてるという意識はあまりないと思う。だから上司が嫌だったら直談判すればいいし(ま、そういうものでもないけど)、上司だって更に上がいて…。
結局ボスへの愚痴なんですけーどーねー。自分が獲ってきたお金で雇ってるんだからどう使ってもいいだろうという傲慢さが見え隠れするんです。大金を前にして目がくらんでる人間そのもの。「機械にお金をかけるよりは人にお金をかけた方がいい成果を出せる」らしいです。その通りなんですが、人の使い方を間違えるとどうしようもないんですけどね。そして間違っている。
最初はすごい気を遣ってくれて(後から思えば自分を好印象付けたいだけの裏返し)いい人だななんて思ったんですけど、熱が冷めると一気にそのひと・もの・対象から興味がなくなるみたいで。これは自分もそうなので痛いほど分かる。理解できるんだけど、それをあからさまに見せるかー?しかも公の場で…。仕事と私事の区別がほんとついてない、恋する乙女のように区別がついてないです。
なんかね、薄々気づいてたけど似てるのよ。ボスと私の性格。嫌なところがリンクしすぎて気持ち悪い。私がうだうだ愚痴(だってもうそこは割り切って付き合えばいいと自分で分かりきっているのに)言うのも、気持ちが分かってしまうから。手に取るように分かりますよーその気持ち。というのが多い。。。そして本当にそうだったりする…。いやでも私は空気読んでると思う。思いたい。ボス見てるとほんと気をつけようと思う。あんな人にならないように。