読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだ(・ω・)ぐだ

ぐだぐだしたつれづれ

最近のしごと。

最近めっきり仕事への熱いものがなくなって、ぼへええ〜っとルーチンワークこなしつつ遊び惚けていたら、ボスに目をつけられ(?)電顕以来の新しい機械を触ることになってしまった。はっきり言って面倒!!なんだけど、雇ってもらってる身としてはやんなきゃな〜と。
こわごわと、
透過型電子顕微鏡より簡単ですか?」
「簡単です(ニコッ)」
と宣うボス。
まんまと騙されました。その機械の名はESR。Electron Spin Resonance。でんしすぴんきょうめいそうち。もとい、電子スピン共鳴装置というらしい。NMRとほぼ同等だけど、NMRよりは使用範囲が狭い。ボスはラジカルを測定したいんだって。私は何も知らんまま機械を使うのはイヤ(怖いじゃないですか)なので、一応原理を色々と調べるのですが、電顕の時もそうだったけど、中身物理な機械はお手上げです。いやーホント頭に入らないのよー。
しかし、電子とか気軽に測定出来るんだねーって思ったけど、遺伝子が電気泳動で見えるのとそう変わらない気もしてきた。
で、ボスが強力な磁場がどうのこうのと心配するので、いやーうちの学部にもNMRあって友達がそこの研究室行ってたしー、私そこにある機械(ラセミ体測定装置だったかしら)を使ってたって言ったら、めちゃ驚くボス。何で農学部にNMRがあるのかと不思議でしょうがない模様。有機合成やってましたからね、そこの研究室。化学合成物が出来ているかどうか、気軽に使ってましたよ。って言ったら、ええー!だって。こっちがええー!ですよ…。農学部は生物ばっかりやってると思ってたみたい。何でうちのボスって世間知らずなんでしょうか。こういう説明するの疲れるんですけどね。私が行ってた学科は一応農芸「化学」なんですよと。
ま、とにかく別にモンダイはないので…ということで新たに使うことになったのですが、結構面倒臭いじゃん!ちぇっ。しかも、ボスも使ったことがないそうで、まだ10回も使ってないのに私に引き継ごうとしている始末。なんだかなー。ホント、人の使い方がなってないと思う今日この頃。。。。。。。。。。。。
ま、でも休み易いし、周りはいい人だし、辞めるのはまだやめておこうw