読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐだ(・ω・)ぐだ

ぐだぐだしたつれづれ

勉強が出来るということ。

受験シーズンも終わりのようですな。同僚のオバサマその1の息子ちん。公立高校を落ちてしまったそうで…。ここいらは私立優勢になってきたとは云え、まだまだ公立高校が強い地域なので、オバサマ、がっかり。。。でも、ダメかもとも思っていたようなので、結構アッサリしていました。しかし、ここは3人きょうだいで、上女の子2人。一番上のお姉ちゃんは地域で一番の高校に行き、地元大学に進学。実家通いで親孝行なムスメちゃん。下のお姉ちゃんは、平均より上の高校に行って、今は体育大学に行っております。そして一番下が息子。。。どうして3人目の3番目は出来が良くないのか??恐らく、一番愛情を受けて、一番甘く育てられてるからなんだろうなぁ〜。出来が悪くても「可愛い」で済んじゃう。その代わり一番上は、子供自身が親の愛情を受けたくて、と、親がついつい厳しくなってしまい、でそれなりに勉強するんだろうな、と。
それとはまた別ですが、同僚のオバサマその2と勉強について喋っていたときのこと(こちらは東大合格者数トップの高校に1人息子を通わせている)。私のモットーとしては、「勉強なんて出来なくてもいい。その代わりきちんとやりたいことを見つけて、それに向かって走ること。」むしろ、勉強なんてしない方が人生よっぽどいいんじゃないか?と思ってもいる(極論過ぎですが)。しかし、オバサマその2は、なぜ子供に勉強させたかというと、勉強は努力すれば絶対できる、スポーツなんかは才能が殆どを占めるけれど、勉強はスタートラインは皆同じ、努力次第でいくらでも伸びるから勉強させた、と。特にオバサマは今は結婚しているけど、実はバツイチ。シングルマザーで息子にコケられたら大変だと思って勉強させたとか。でも、勉強も一種の才能ではないでしょうかー。理解力は差が出ちゃうもんでしょう。だって、東大なんか行く人は絶対変人だもんー!!要領よく、無駄なものを省いて勉強して来た感じがする。これに関しては、オバサマその2も、息子の同級生を見て唖然としたとか。皆、自分に好都合になるように動くとか。人生そのものがそうらしい。それはそれでいいんだろうけど。でも、そんな人達が東大に行き、日本を動かす役人になってるかと思うとゾッとするとも言ってました。確かにね。
それにしても、やっぱり仕事に出ていると色々な人と出会えて面白いな!!